カラーチャート

パンフレットなら中綴じ印刷の業者へ|仕上がりが綺麗で満足度が高い

このエントリーをはてなブックマークに追加

短期間で作れる

ネット印刷サービスによる名刺の注文は、非常に簡素化されています。ユーザー自身がサイトからデザイン作成を行い、注文確定すればすぐに出力が始まります。オンデマンド機を使うことで低料金かつ短納期で作成できるのです。

販売促進のよくある方法

ノベルティグッズは会社の販売促進のために配る商品ですが、ターゲットやシーンや販促方法に合わせた商品選びが必要です。ノベルティグッズの専門店では商品が豊富ですが、印刷会社でも文具系などのよくある商品は購入可能です。

必要なこと

販促とは売上を伸ばして利益をアップさせることを目的としています。販促グッズもそれに見合ったものを作る必要があります。消費者のニーズやターゲットをリサーチして効果的な販促グッズを製作し、配布するようにしましょう。

パンフレット等の印刷方法

本

小冊子印刷に最適

家庭用のインクジェットプリンタやオフィス用のレーザープリンタも近年は性能が向上しており、誰でも手軽に印刷物を作成できる時代になりました。簡単な会議資料や教材用プリントなどはそうしたOA機器で印刷できますが、本格的なパンフレットやカタログ類には高い印刷品位が求められます。市販のプリンタでは印刷能力に限界があるため、印刷会社に依頼してそれらの印刷物を製作してもらうのが一般的です。印刷方式には古くから行われてきた活版印刷やグラビア印刷などもありますが、現在では美しい印刷物が得られるオフセット方式が主流となっています。カラーで印刷されることの多いパンフレットやカタログも、オフセット印刷なら他の印刷方式よりきれいに仕上がります。印刷物の製本にも無線綴じや中綴じ・糊付けといった多くの方式がある中で、中綴じ印刷は小冊子に最も適した製本方式です。中綴じ印刷は2つ折りにした紙をホチキスで綴じるだけの簡単な印刷物のことで、パンフレットやカタログを低コストに製本できる点が特徴です。マニュアルやフリーペーパー・社内報といった用途にもよく利用されており、本格的な印刷物を比較的安く製作する目的に向いています。

印刷のいろいろな工夫

簡易製本の中綴じ印刷で高級感を出すのは難しいように思われがちですが、工夫次第ではグレードアップさせることも十分に可能です。例えば表紙だけ別の上質な紙を使用したり、表紙にPP加工を施して光沢を出したりするような手法がよく行われています。PP加工は紙の表面をポリプロピレンの膜でコーティングすることで、光沢感を出すためのクリアPPがパンフレット等の表紙にも効果的なのです。観音表紙の採用も中綴じ印刷の小冊子に変化を持たせるための手法として使われており、この場合は片側の表紙を折り返す形となります。会社案内やパンフレットで多く見かけるこの手法を上手に利用すれば、大きいサイズの写真を使って視覚的に訴えかける効果も得られます。裏表紙などをポケット付きに加工すれば名刺やカード・チラシなどの付録を挿入できるため、プラスアルファの印刷物を作るのに見逃せないテクニックの1つです。ページ数の比較的少ない中綴じ印刷の小冊子でも、このような工夫を施すことによって読む人に強い印象を与えることができます。最近ではインターネットを通じて注文できる印刷会社が増えており、以前と比べて印刷発注も格段に効率化しているのです。